印刷  

感謝を示す5つのコツ

_r4_c3
 
ホリデーシーズンも迫り、感謝を伝えるのに最適な時機となりました。組織を率いるリーダーとして、部下の日頃の努力を認めて何かご褒美を贈るのに絶好の機会です。彼らは自分の仕事ぶりを認められると、より仕事に励み、そして長い期間その会社に在籍するという傾向があります。それ​は必ずしも将来性のあるスタッフを維持するために多額の予算を投じたり、報酬について熟考するということではありません。ちょっとした感謝の気持ちが功を奏するのです。感謝を示すことに時間をかけることは、今後の採用活動や新しいスタッフの研修にかかる時間を節約できます。皆が認められていると常に感じるために、リー​ダーが費やすことのできる数分の必要性を忘れないでください。
  
部下を認め、「ありがとう」と伝える 
これは単純なように思えますが、多くのことが当たり前とみなされ​る昨今においては「ありがとう」と言うだけでも効果があります。シンプルな感謝に誰もが価値を感じるものです。また、部下を褒める内容は具体的かつ信頼感を与えるものでなければなりません。誰かが期待以上の成果を上げた場合に、手書きのコメントを贈るのも真の評価を表すのに優れた手段です。その人が望むのであれば、公​に認められることはさらに効果を生みます。会社のブログやニュースレターでスタッフを紹介したり、会議で評価したり、あるいは成果を祝うちょっとしたイベントを開いてみましょう。こうしたことは健全な企業文化の構築にも貢献します。そのほかの取り組みにはスタッフの役割や職位の変更も含まれ、CEOや社長が立ち寄って​謝意を示す、またはスタッフ個人の生活に真の関心を表すようにするとよいでしょう。
 
機会を与える 
社員は社内での昇進機会を望んでいます。彼らに質問をしてどのようにキャリアを​成長させたいのかを理解してください。そして追加トレーニングや新しくて胸躍るプロジェクトの機会を提示しましょう。さらに、高いレベルの決定に関わる意見を求め、社員本人が重視されていると感じるようにしてください。会議や顧客とのミーティングで彼らに組織を代表させることも自信を持たせるのに大変効果的になり得ま​す。
 
ランチに誘う 
ほとんどの人が「食」に感謝をします。部下をランチに連れていくことで、おもてなしと合わせその人についてより良く知るきっかけをつくります。ほかにはオフィ​スで何か企画するという選択肢もあります。その人を祝うためにピザやケーキを注文する、上司のあなた自身が作ったスナックを用意するという方法もあります。 
 
特典を与える 
感謝の印としてちょっとした追加特典を与えることは社員に大きな効果を生み出します。あなたのスタッフ向けのアイデアを下記にいくつかご紹介します。
・彼らに1日の在宅勤務を認める
・ホリデーシーズンにおける柔軟なスケジュールの提案 
・普段着での勤務日
・ほかの従業員との一時的な業務交換の提案
・通常よりも遅めの出勤を認める
・本人が好むようなギフトまたはギフト券を与える
 
昇給または賞与の支給 
ビジネス社会の中で、お金に勝るより大きな動機づけ要因は、それほど多いとは言えません。余裕があ​れば、将来性の高い従業員に、年末に昇給または賞与を支払いましょう。
 

無料体験会    パブリックコース    セミナー・スケジュール
 
他の記事を読む

 

 
ブログ
無料ワークショップ
 
 
 
 
 

戻る

 
 

107-0052
 
東京都港区赤坂2丁目19番8号
 
赤坂2丁目アネックス5階
 
Tel. 03-4520-5470
 
 

 
© 2017 Dale Carnegie & Associates, Inc.. All Rights Reserved.
ウェブサイトのデザイン・設計 Americaneagle.com