line_white
GoTo_seminars_jp
line_white
GoTo_preview_jp
line_white
GoTo_schedule_jp
 

 
 
  印刷  

ロックスター級のコーチになるには

_r4_c3
 
当社のお客様がいつも一貫して挙げている課題は効果的なコーチングに関することです。リーダーに選ばれるということは、その人に成果を上げる能力が十分あることを実証したその結果なのです。能力の高さが次第にいろいろなところで現れてくることを期待して力のある人を引き上げてくるのです。しかしその結果をみるとどうもうまくいかないことが多いのです。組織が発展していくには、組織全体を通じて人材を育んでいかなけ​ればなりません。この育てる努力を当然の責務として負っているのがリーダーなのです。 

コーチングは実践していく過程でのやり方がつたないと失敗します。これまで見てきた多くのケースで、真のコーチング方法などない場合がほとんどです。ここにコーチングの結果を大いに改善する7つの指針を示します。 

1.  対象となる相手を特定する

誰を対象とするかのニーズは最初から明らかな場合もありますし、周りの環境からそのニーズが明らかになってくる場合もあります。多忙なリーダーにとって、誰をコーチングするのかの選択は重要な意思決定です。潜在的な能力がありながらまだ開花していない部下がいれば、その人はおそらく最もふさわしい候補なのでしょう。一度にすべてはできませ​んから、選択肢の中から一番効果が上がる対象を選んでコーチングを開始しましょう。時間をかけて順次すべての人に広げて行くのですが、まずは力を入れる優先順位をつける必要があります。

2. 最終成果の設定

明快な計画を立てないままにコーチングすると、ばらばらな努力をするばかりで結局何の成果も生まないことになってしまいます。コーチは対象となる部下との間で改善目標をどこに設定するかについて はっきりとした将来像を共有するべきです。自ら目標を設定しておかなければそれを達成することなどできません。望ましい成果を紙に書きだしておくと努力を集中するのに役立ちます。これは忙殺される毎日を送っていて混乱に陥りがちな人たちにとっては特に大切な点です。

3.  心構えを固める

簡単そうに見えますが、造作もなくすんなりと立派な心構えができるわけではありません。成果を改善するためにはまず変化が必要です。誰でもそれが必須であることは理屈では分かるのですが、現実には実践しようとすると期待通りには行かないものです。部下の人たちのことをよく知り、変化が必要であることを部下の人たちにも共有してもらい、彼らにも変化しようという気持ちを持ってもらうようにするため​には、どのように彼らと対話をするべきかをよく理解しておく必要があります。その人の個人的な動機付けに合わせて対話する方法を身につけることは大変効果的です。リーダーたちに、現実はどうなのかチェックをしてみましょう。あなたは部下の人たちについてここまで詳細な内容を本当に知っていますか。

4.  時間と労力を割く

あなたがコーチングに費やす最も高価で貴重な対価は時間です。またコーチングを受ける人が成功するよう面倒を見てあげるという真摯な個人的コミットメントも必要です。競争相手を乗り越えてトップに上り詰めて成功を納めた人の多くは、誰も皆同様のやり方をとるべきだと思っています。そのためそういった人たちのコーチングに対する態度は概して後ろ向きです。人が成長するのはそれぞれ違ったやり方があり、異なる時代にいるので、唯一の成功の尺度を作るのはおろかな行為といわざるを得ないのです。​

5.  実践と技能開発

時間をかけ、必要とされる正しい技能を特定し、説明を加え、それをやって見せ、そしてコーチングの相手にやらせてみましょう。てんびんのバランスを取るような微妙なさじ加減が必要です。思ったとおりにやらせ、細かく干渉することなしに見守りましましょう。誰もが失敗によって学ぶのです。これをうまく受け入れることが必要です。どうせなら出来るだけ早いうちに失敗するように指導しましょう。

6. 進歩を応援する

知っていることと実行することとは時には関連がありますが、学習したからといって自動的にそれを実践することになると期待してはいけません。人はみな昔のやり慣れた習慣に逆戻りしがちなので、居心地のよい「快適領域(Comfort Zone)」に後退しないように監視しましょう。これまでの習性は知識などより強いものです。前に向かって引き続き進むように応援してあげましょう。

7. 褒賞

褒美を出すことを繰り返しましょう。繰り返して行っていると新しい習慣になっていきます。特定して褒めましょう。今やっていることがまさに良いことだと。対象がはっきりしない一般的な褒め言葉はやめましょう。 

ここで述べたことは何ら複雑ことではありません。しかしながら、本来あるべき道理は必ずしも日常実践されている習慣とは限りません。上記の指針を実行していくには相当のコミットメントが必要ですがその見返りは非常に大きなものです。あなたのリーダーシップ・チームがしっかりした体制で核となる部員をコーチングしており、一方でライバルのリーダーは何もやっていないとすれば、競争に打ち勝つこと必定でしょう。

実行ステップ

1.      対象となる相手を特定する

2.      最終成果の設定

3.      心構えを固める

4.      時間と労力を割く

5.      実践と技能開発

6.      進歩を応援する

7.      褒賞
 
無料体験会    パブリックコース    セミナー・スケジュール
 
他の記事を読む

 

 
ブログ
無料ワークショップ
 
 
 
 
 

戻る

 
 

107-0052
 
東京都港区赤坂2丁目19番8号
 
赤坂2丁目アネックス5階
 
Tel. 03-4520-5470
 
 

 
© 2016 Dale Carnegie & Associates, Inc.. All Rights Reserved.
ウェブサイトのデザイン・設計 Americaneagle.com