line_white
GoTo_seminars_jp
line_white
GoTo_preview_jp
line_white
GoTo_schedule_jp
 

 
 
  印刷  

「できない」エリートたち

_r4_c3
 
 
社会では肩書やステータスで判断されるもので、日本の場合はそれが特に顕著です。昇進を続け、ピーターの法則に従い無能の地位にまで昇りつめます。この過程で肩書やステータスをどんどん身に付け、その肩書の力によって尊敬や信用を増幅して​いきます。しかし、公衆の面前で口を開いた途端、その人個人の力はまやかしであると見られてしまうことがあります。これはまさに「裸の王様」になる瞬間で、すべてが暴露され、一気にひどく「できない人」になってしまいます。
 
先日私はあるイベントに出か​けましたが、そこではある日本のエリート官僚が基調講演をしました。一般に日本でエリート官僚になるには、良い小学校、中学校、高校、そして大学に行かなければなりません。大学までずっと優秀な学校である理由は、試験に強い暗記のエキスパートになる訓練をするための最高の体制が整っているからです。大学で2年ほど楽を​した後は、国家選抜試験の猛勉強を始めますが、ここでもまた暗記と試験に強くなるテクニックが最強のスキルとなります。
 
官庁に入り、毎日何十時間も身を粉にして働き、これが長年続きます。その間、忠誠を誓うべき強力な後援者も見つけます。何十年も氷の​上を歩くように過ごした後、ようやく白髪のエリート官僚になります。官僚の上層部に入ってしまうと、今度は組織を代表してスピーチを頼まれるようになるのですが、ここで大上段が一気に崩れるのです。
 
これはこの官僚の場合も同じでした。彼が信奉する政治​家の新しい政策の魅力を語って支持者を募る宣伝部隊の先鋒として送り込まれたようですが、見事に撃沈していました。  
 
どうしてでしょう。彼の話し方はエネルギーや熱意がなく、自分が勧めることですら彼自身、まったく感銘を受けているようには聞こえなかったからです。下を向いて原稿を読むだけで、聴衆の方はほとんど見ることなく、また、聴衆とアイ・コンタクトを取ったり、言葉に合わせて表情を使ったり、声の調子を変えてみたり、といった効果などはまったくありませんでした。  
 
彼はまったく面白みのかけらもないメッセンジャーで、私たちには彼の言いたいことはほとんどわかりませんでした。あの日、誰も支持者にはならなかったと思います。でも、彼自身は仕事を終えたことで満足だったかもしれません。完全な失敗でしたけど。  
 
しかし驚くことにスピーチ後の質疑応答の時間になると、彼は急に張り切り熱心に話し始めました。残念ながら30秒しかもちませんでしたが、でも熱心に話せることを見せてくれたのです。  
 
ではなぜスピーチ中にそれをしなかったのでしょうか。私は、彼の肩書が示す巨大な権力にひれ伏すなどというような概念など持っていません。彼は白髪の官僚であり、その姿通り、モノクロで退屈な仕事をしている人であるというように見えました。明らかにこの仕事に必要なトレーニングや準備など受けていないようで、一流大学出身であるという事実も、聴衆を前にして​演壇に立った時にはほとんど意味をなしていませんでした。彼はコミュニケーターとしては完全に失敗で、むしろメッセージ・キラー、ブランド・キラーになってしまっていました。  
 
では、彼は例外中の例外で、他の官僚たちはどの人も優秀で素晴らしく、もっともらしく話せるパブリック・スピーカーたちばかりなのでしょうか。いいえ。彼はエリート官僚軍団の典型的な例で、主にステータスを得てきただけで、個人の力を示すことなどほとんどできないのです。
 
自慢できるエリート官僚の例と言えば、外​務省の役人が思い浮かびます。この週は私にとって悪い週で、2回も似たような経験に苦しめられました。  
 
外務省の役人は、注目を浴びる仕事という性質上、国を宣伝するエキスパートであると思われるかもしれませんが、そんなことはありません。これもまた国の評判を落としかねない失敗スピーチでした。  
 
単調で声は弱弱しく、「あのー」、「えーと」を連発し、聴衆とのエンゲージメントはありませんでした。声はとてもか細く、どの文も最後の3、4語がゆっくり消えてしまっていました。エネルギーやトーンはあまりにも低く、実際の内容とは関係なく、重要なメッセージは伝わってはきませんでした。  
 
これは1回きりのことでしょうか。ただ大使の調子が良くなかっただけでしょうか。いいえ。私はこの方のスピーチを何度も見てきていますが、恐ろしいほどいつも一貫して国のブランドを損ねています。私はここで28年間にわたって調査をしてきましたが、ほとんどの大使はパブリック・スピーカーとしては絶望的です。もちろん何人かの例外もいますが、逆に大部分はそうではないということです(素晴らしいスピーカーである大使が10人以上思いつい​たら私にリストを送ってください)。
 
彼らのような職業外交官はパブリック・スピーキング技術の適切な訓練を受けているのでしょうか。絶対にそんなことはないでしょう。彼らがエリート官僚になれるのは、ほとんど誰にも読まれないような連絡事項やレポート​を書く技術があるからです。分析能力が高く、頭でっかちで小さな会議では光輝きます。このような小さな会議ではライバルに差を付けることができ、会議室で一番頭が良い人でいられるのです。  
 
このようにして昇進した結果、ステージの中央に送り込まれるようになり、ライトアップされた中でマイクを持たされ1人きりで聴衆の前に立ち不器用なスピーチをさせられるわけです。安心なことに、同僚もみなすべて同じように絶望的なので、彼らにとってはこれが普通に見えるのです。基本的な間違いは、単に彼らは優れたパブリック・プレゼンテーション能力を持つということ​に価値を見出していない点です。
 
私の外交官としてのキャリアの中で最悪のパブリック・スピーキング経験は、ある大使の代理でスピーチをした時でした。私は「大阪地区担当」として彼の代わりにスピーチをしなければなりませんでした。日本語でのスピーチで​したが、私はそれまで400回ほど日本語でのスピーチをしてきた経験があるので、そのこと自体は問題ではありませんでした。問題は内容でした。スピーチには情報提供、説得、娯楽、感銘させる、の4つのタイプがあります。世界の外務省庁の人々は、いろいろなデータや各種情報を詰め込むのがお好きなようで、このため自然と​たくさんの情報が散在する退屈な情報スピーチを選びがちです。なぜ、説得タイプを選ばないのか、私にはちょっとした疑問なのですが、どの国の人もそろって情報スピーチを選ぶようです。私は期待に添うよう全力を尽くし、承認済みの大使の原稿を真面目に読み続けたわけですが、それはそれは苦痛でした。  
 
無機質なデータと無機質なスピーチの組み合わせを想像してみてください。それはまるでハワイの北海岸で真冬の荒波がのみ込むように、疑いを持っていなかった聴衆を疑問の渦に一気に叩き込むようなものです。これはエリート官僚によるスピーチの典型だったのです​が、そうでなくても良いはずです。  
 
でも、日本でも希望が見えるところがいくつかあります。前大使の西村元彦氏は、1990年半ば、当時関西担当大使をされていた時に大阪でお目にかかったんですが(そうです、関西は東京からすれば外国のようなものなので大使を送る必要があるのです)、素晴らしい熟練スピーカーでした。英語でも日本語でも同様にスピーキング力を活用して聴衆を魅了し、日本を大好きにさせるという意味では最高の外交官でいらっしゃいました。駐ポルトガル大使としての任務を終えられましたが、同国での日本への支持を得るというという点で、日​本にとって大切な財産であられたことでしょう。
 
エリート官僚のみなさん、またエリート官僚予備生のみなさん、どうか退屈なスピーチはやめてください。適切なトレーニングを受け、自信を持って自分の省庁・会社を代表しましょう。「少年、少女よ大志を抱け​」。いいえ。「説得力を抱け」です。
 
 
 ​
無料体験会    パブリックコース    セミナー・スケジュール

 

他の記事を読む 

 
ブログ
無料ワークショップ
 
 
 
 
 
 

戻る

 
 

107-0052
 
東京都港区赤坂2丁目19番8号
 
赤坂2丁目アネックス5階
 
Tel. 03-4520-5470
 
 

 
© 2016 Dale Carnegie & Associates, Inc.. All Rights Reserved.
ウェブサイトのデザイン・設計 Americaneagle.com