印刷  

無料レポート:トレーニングでお金を無駄にするのは止めましょう!

トレーニング予算を最大限に活かす方法

report-banner-main-jp

アメリカの実業家ジョン・ワナメーカーは次のような名言を残しています。「広告費の半分が無駄になることは分かっている。分からないのはどちらの半分が無駄なのかだ。」トレーニングに対する費用についても同じようなジレンマがありがちですが、これには解決方法があります。

研修会社を選択する際、どのような点を考慮し、注意するべきなのでしょうか。期待する成果目標を研修会社が把握していることを確認するには、どのような依頼をするべきでしょうか。またトレーニングの成果をどのように測定すればよいのでしょうか?

トレーニングはいつ必要なのでしょうか?
組織内で現状とあるべき姿のギャップを特定するきっかけや、研修を依頼するきっかけとなるものは何でしょうか?自分達自身がそのギャップが何であるかを理解できていないとしたら?
目標を達成するための検討事項において何か見落としている事はないだろうか?また、どうすれば見落としがないことを確かめることができるのだろうか?

誰をトレーニング対象とすべきだろうか?
従業員がよりポジティブな姿勢を持って受講できるよう、何をどのように伝えたらよいのだろうか?
トレーニング前にはどのような準備が必要なのだろうか?トレーニング後のフォローアップはいつ行うべきだろうか?同じ内容のトレーニングを再度実施する時期はいつなのだろうか?
他にどのような研修を検討すべきだろうか?進んで学習に取り組む文化を組織内に定着させる方法は何だろうか?

これらの質問に対する全ての解答が、このフリーレポートに網羅されています。このレポートを読めば、組織が求める成果を達成するための適切な研修を選択する大きな手助けとなるでしょう。

 

107-0052
 
東京都港区赤坂2丁目19番8号
 
赤坂2丁目アネックス5階
 
Tel. 03-4520-5470
 
 

 
© 2017 Dale Carnegie & Associates, Inc.. All Rights Reserved.
ウェブサイトのデザイン・設計 Americaneagle.com