line_white
GoTo_seminars_jp
line_white
GoTo_preview_jp
line_white
GoTo_schedule_jp
 

 
 
  印刷  

さぁ、始めよう!説得力のある人になる

Presentation Effectiveness
 

説得力のあるリーダー、マネージャー、またセールスパーソンは、自分たちの声を巧みに操りながら聞き手に強い印象を与えます。スピーチとセールストークを改善するために役立つ5つの習慣をここにご紹介します。

1. はっきりと話す。

ボソボソ、モゴモゴ話すと、せっかく伝えたい重要な点を聞き逃されてしまいます。最悪の場合は、相手はあなたの言うことに注意を払わなくなってしまうこともあります。モゴモゴ言う話し方が癖になっていて自分でも気付いていない、または神経質からくるケースもあるのではないでしょうか。これらの原因は治すことができます。
最初のステップは「自分はモゴモゴ話す人なのか?」とチェックしてみることです。信頼をおける身近な人に正直な感想を尋ねてみてください。次のステップは、いつもよりゆっくりと、そしてよりはっきりと話すよう練習してみます。今までの癖ですから、初めは大変かもしれませんが、新しい癖を習慣づけるために続けてみてください。慣れ始めると、以前よりもはっきりと早く話している自分に気づくことができるでしょう。

2. 口調に変化をつける。

聞き手が最も退屈するのは、単調な話し方です。声をはっきりと強く出しましょう。声の高低にも変化をつけ、効果のある言葉には力をこめましょう。これは、聴衆を惹きつけるのに役立ちます。いくつかの使いたいキーワードを選び出し、話の中でそれらを強調づけます。この際に、声量の強弱もつけながら話すとよいでしょう。必要なのはコントラストです。物を言わない瞬間は伝えたい情報との間にコントラストを作ることができるため、一呼吸おくことも内容を分割する上で効果的です。そして、聞き手が返答する際に考えるための時間を与える機会にもつなが​ります。

3. 適切なテンポで話す。

ゆっくりした間延びする話し方や早口な話し方は止めましょう。なぜなら聞き手は話の流れをつかむことができないからです。スピーチの速度は、あなた自身が又はメッセージの内容がどのように理解されるかに影響を及ぼします。遅すぎる話し方は賢明さに欠け、早すぎる話し方は信頼性に欠ける印象を持たれる可能性があります。実際​に興奮や緊急性を伝えたいときは早いスピードで話しましょう。また、十分に理解してもらいたいときには、話す速度を緩めましょう。さまざまな強調を使い分ける事によって変化を生む表現の鍵となるでしょう。

4. 声量をコントロールする。

聴衆が容易に聞き取れる声量で話しましょう。特定の言葉や概念を強調したいときは、声量を上げるか、もしくは下げましょう。あなたの好きな、もしくは最近聴いたクラシック音楽を思い出してください。たくさんの高低が私達の注意を引くことに気づくでしょう。

5. つなぎ言葉は使わない。

文章の中に「あのー」、「えー」、「えーと」などの言い回しを差し込むことは避けましょう。(これは声というより語法ですが密接に関係しています)このパターンは聞き手にとって耳障りとなり、話し手は緊張している印象か、だらけている印象を与えてしまいます。この癖が気になる方は、今こそ止める機会です。

普通、このようなつなぎ言葉は自分が何を言いたいかと考えている時に出る場合がほとんどです。
これには「沈黙」というもっと良い解決策があります。「沈黙」は一呼吸おくことによりあなた自身に考える時間を与えてくれます。聞き手は、次の発言のために、あなたが数秒の間頭の中で考えをまとめようとしていたとしても気に障らないはずです。事実、絶え間ない「あのー」、「えー」に比べれば沈黙の方を好むのではないでし​ょうか。最初に口にする言葉や文章を、つなぎ言葉なしに始められるように練習してみてください。練習し続けていくうちに、過去の癖がなおっていることに気づくでしょう。

自分の声が他人にどう聞こえているかを知るのは難しいものです。ボイスレコーダーなどを使って、自分の声を数時間録音してみましょう​。オフィス内と電話での会話を録音して、テープを再生し、自分はどう聞こえているかを聞いてみます。ここにご紹介したアイデアを取り入れて、良い変化を起こしましょう! 自分の声だと思っているものとテープのそれとは違って聞こえるでしょうが、誰もがそのように感じます。ですからそれには気をとめることなく、大切なこ​とは、あなたが話していること、そしてどのように話しているかに注目してください。

 

 ​
無料体験会    パブリックコース    セミナー・スケジュール

 

他の記事を読む

 

ブログ
無料ワークショップ
 
 
 
 

 

 

戻る

 
 

107-0052
 
東京都港区赤坂2丁目19番8号
 
赤坂2丁目アネックス5階
 
Tel. 03-4520-5470
 
 

 
© 2016 Dale Carnegie & Associates, Inc.. All Rights Reserved.
ウェブサイトのデザイン・設計 Americaneagle.com