印刷  

エグゼクティブ・コーチング

デール・カーネギー・トレーニングのエグゼクティブ・コーチング

個人のお客様に対する1対1のコーチングはデール・カーネギー・トレーニング・ジャパンが特に得意としている分野です。

デール・カーネギー・トレーニング・ジャパンの認定トレーナーになるには250時間のトレーニングが必要です。候補者選定プロセスの一環として、社会人として確固として経歴があり、優れたコミュニケーション能力と素晴らしい対人スキルをお持ちの方を選定しています。認定までの250時間に及ぶ期間中にコーチングの中心的なスキルを学びますが、デール・カーネギーならではの人間関係の原則を活かすことにも十分な注意を払います。
個人コーチングは重要な問題を明確に把握したうえで、それに根ざしたものでなければなりません。一般的にアセスメントを通じて重要な問題を見出すことができるケースが多いので、当社では多種多様なアセスメントツールを取り揃えています。コーチングを受ける側にとっては、自己を認識することこそが重要な突破口です。弊社は社会人の指導に実績を誇り、自己認識を十二分に引き出す方法を理解しています。
通常はアセスメント終了後、具体的な状況に応じて、一人一人に合ったコーチングプログラムが作成されます。個々の状況次第では、デール・カーネギーのコースへの参加を促して自己認識の強化に役立てる場合があります。デール・カーネギーのコースは100年以上の歴史があり、参加者は延べ900万人と抜群の実績を誇っています。一例をご紹介すると、日本における過去5年間のこのコース受講者の満足度は平均で98.3%に達しています。
このコースは公開コースとして参加することができ、コーチング志望者が客観的、協力的、中立的な環境で自分自身を振り返ることができるという点でも非常に便利です。多様な業界やビジネス出身の参加者で構成されるグループに加わることで、ビジネス上の問題の解決に向けて様々な見識に触れることができるとともに、志望者は問題や課題を抱えているのは自分ひとりでないことにも気づくはずです。
受講する方々は現場監督から企業の経営陣まで通常多岐にわたっています。ソクラテス的な問答と解決案を組み合わせることで、志望者の思考を一段と刺激します。コーチから受動的に答をもらうのではなく、志望者の皆さんが自分で「答を探しあてる」ことができるよう指導することが目的です。コーチング志望者の方々に当事者意識、永久学習、知識の応用を植え付けることが狙いです。


一連の流れは次の通りです。


1.    エグゼクティブ・コーチングに関するお問い合わせを受けると、現状を評価して、成果を上げることができるかどうかを判断します。
2.    何らかのお役に立てると判断した場合は、コーチと志望者との「相性」を見るために第1回目のコーチングを設定します。
3.    二人の相性が合えば、1回1時間のセッションを複数回予定します。セッションの数は状況に左右されますが、実際に進歩を期待するなら最低5回のセッションが必要です。  
4.    また、この段階でアセスメントが必要かどうか、あるいはデール・カーネギーのコースへの参加が有意義かどうかも調べます。
5.    初期のセッション終了後、進歩があったかどうかを判定し更にセッションが必要かどうかを判断します。
 デール・カーネギー・トレーニングの厳格なコーチ認定プロセスを全面的に活用し、100年以上にわたる社会人教育の経験と優れたコミュニケーション能力、人間関係に関する独自のスキルを結集することで、必ず成果をもたらします。
満足されなかったお客様には受講料を全額返金する、これこそ当社の絶対の自信の証です。

エグゼクティブコーチングへのお申込みは・・・

    必須フィールドを表示
姓     
名     
役職     
会社     
会社の住所     
市区町村     
都道府県     
郵便番号     
国     
電話番号     
Eメール     
業種     
デール・カーネギー・トレーニングからの案内を希望する     
お問い合わせ内容     

 

107-0052
 
東京都港区赤坂2丁目19番8号
 
赤坂2丁目アネックス5階
 
Tel. 03-4520-5470
 
 

 
© 2016 Dale Carnegie & Associates, Inc.. All Rights Reserved.
ウェブサイトのデザイン・設計 Americaneagle.com