line_white
GoTo_seminars_jp
line_white
GoTo_preview_jp
line_white
GoTo_schedule_jp
 

 
 
  印刷  

「相互コミュニケーション:フィードバック」

_r4_c3
 
 
私達は話をした時、あるいは行動した時はいつでもフィードバックを与える機会をもうけるとよいでしょう。相手にフィードバックを提供することは大切なことであり、最終的により良いゴールを目指すための重要な要素で​す。組織外からの要求に対しての回答の場合でも、あるいは学習プロセスを通じての従業員へのコーチングの場合でも、フィードバックは、職場の成功を生むみ出すために役立ちます。真に建設的なまたは励みになるフィードバックを提供することによって、従業員はゴールを達成することが出来るのです。
では、どのように行うと良いか、とっておきの方法をご紹介します。
 
強みの認識
従業員のプラスの面を見極めましょう。次に彼らになぜその長所が重要であり適切なものであるかを認識させてあげましょう。これで従業員を励まし、目標に向かって実際に進歩しつつあることを再認識させる事が出来ます。
 
簡略に保つ
フィードバックは10秒から20秒の間におさめるよう努めましょう。短く、シンプルにまとめることにより、伝えるべきメッセージはより力強くなります。この時間内であれば、従業員が集中して聞いてくれますし、だらだらと続く返答でフィードバックの効果が薄まることはありません。
あなたではなくて相手の従業員にフォーカスしましょう。従業員の心の中に自信を築き上げるよう努めていることを自覚しておきましょう。あなたではなく、フィードバックを与える相手の人に対して光を当てようとすることが大切です。​従って、上司は黙ることを学習しましょう。
 
グループに応答してもらう  
可能であれば、グループでそのメンバーを激励するような機会を与えましょう。仲間からの反応を聴くことは彼らに自信を付けさせることになります。これを上手く行うには二つの側面から捉えたフィードバックを行うことを明示することです。彼らの発言または行動の何が良かったのか、そして、それをいかにしてより良くする事が出​来るのか、の二つについてです。これによりプラスの側面が際立ち、批判と捉えられるようなネガティブな側面を避けることにもなります。
 
対応は人を中心とすること
その人が既に発言したこと、行ったことを繰り返し言うことはしないようにしましょう。そうではなくて、強みのある点に光を当て、その強みまたは資質をその人の働く現場にどのように関連付けさせるかに留意しましょう。意見はすでに聞いたのですから、今後は、もう​少し掘り下げたものを求めるようにしましょう。こういった識見は大変強力であり、人格の形成に役立ちます。
 
相手の話を途切れさせること、自分の話そうとしていることばかりに気持ちが向いていること、そして相手が話している素振りを見せながら、実は聞い​ていないなど、私達は気付かないまま、このような行動をついとってしまいがちです。上手にフィードバックをする機会を持つことによって、リーダーとして他の人と差異を際立たす事が出来、信頼と信用に満ちた環境を作る事が出来るでしょう。
 
 ​
無料体験会    パブリックコース    セミナー・スケジュール

 

ブログ
無料ワークショップ
 
 
 
 
 

戻る

 
 

107-0052
 
東京都港区赤坂2丁目19番8号
 
赤坂2丁目アネックス5階
 
Tel. 03-4520-5470
 
 

 
© 2016 Dale Carnegie & Associates, Inc.. All Rights Reserved.
ウェブサイトのデザイン・設計 Americaneagle.com