line_white
GoTo_seminars_jp
line_white
GoTo_preview_jp
line_white
GoTo_schedule_jp
 

 
 
  印刷  

「現行のプロセスを改善する」

_r4_c3
 
 
プロセスを明確に理解すれば、改善する方法に専念できます。次の重要なポイントを念頭に置いてプロセスのそれぞれのステップを点検し、SCARCEに従って問題に対処してください。
 
簡略化(Simplify): 簡単にしたりスピードアップできること、もしくは少ないリソースで済むステップを特定します。テクノロジー、ソフトウェア、業界のベスト・プラクティスの変化に目を光らせます。どの時点で動作や可動部分の数を減らせるかを考慮します。人や機械を動かす距離を考慮に入れ、減らせる原材料がないか検討します。
 
組み合わせる(Combine): 複数の異なる作業を組み合わせる機会がないか探します。プロセスに関わる人間の数を減らします。同一の人物や機能、部門がこなす仕事の量を増やすことで、システムへの付加価値を高めます。ステップが追加されたり作業のやり直しにつながる余計な作業を突き止めます。
 
価値を付加する(Add Value): プロセスの新しいポイントに価値を付加します。新たな価値を付加するかプロセス内の他の箇所で生じた価値を付加するために、各ステップで可能なことを見極めます。これにより実際にプロセスの要素が増えるため、付加価値には投資するだけの価値があることを確かめます。価値を見極めるのは最終顧客ですから、最終顧客の視点を念頭に置くことです。部署間に後で対立を招くような不要で余計な仕事を​作らないよう注意してください。
 
アレンジし直す(Re-Arrange): これには人材や設備、作業スペース、原材料などを動かすことが含まれます。業務や活動の順番を変えるという選択肢に着目してみます。前倒しや先送りできることはありますか? 別の人や別の拠点でできることは? ちょっとした変化が大きな差につながることがあります。
 
明確化する(Clarify): 正しいプロセスであっても、きちんと守られていないことが明かになる場合があります。変化のためだけの変化に注意してください。プロセスを認識していない人がいる、追加のトレーニングが必要、既定の方法で行うことが大切な理由を周囲に納得させなければならないことなどにに気づくことがあります。ここで、良好なコミュニケーションと対人スキルが本領を発揮します。
 
排除する(Eliminate): 一般的に最も効果的で簡単なアプローチです。長期にわたって行われてきたプロセスを詳しく調べると、必要でなくなったステップに行き当たります。「これがここのやり方だ」という理由で、やり続けている場合があります。ロシアのエカテリーナ女帝は、宮殿内に咲いた花が誰にも摘まれないようにと宮殿内に衛兵を配置しました。その花が枯れて数百年経っても、中庭には依然として衛兵が詰めていました。このことが明らかになったは、中庭に衛兵がいることを不審に思った来訪者が指摘したからです。つまり、何でも疑ってみることです。

こうしたステップを排除するのに必要な時間にもリソースにも投資が行われないことはよくあります。ただし、下流の業務に必要な要素を排除することには注意してください。何かを除外する前に、組織内のステークホルダーにそのステップが行われている理由を尋ねてみてください。
 
 
 ​
無料体験会    パブリックコース    セミナー・スケジュール
 
ブログ
無料ワークショップ
 
 
 
 
 

戻る

 
 

107-0052
 
東京都港区赤坂2丁目19番8号
 
赤坂2丁目アネックス5階
 
Tel. 03-4520-5470
 
 

 
© 2016 Dale Carnegie & Associates, Inc.. All Rights Reserved.
ウェブサイトのデザイン・設計 Americaneagle.com