line_white
GoTo_seminars_jp
line_white
GoTo_preview_jp
line_white
GoTo_schedule_jp
 

 
 
  印刷  

はじめまして。あれ、お名前は何でしたっけ?

_r4_c3
 
 
私たちはどうして名前を覚えるのが苦手なのでしょう。ネットワーキングの機会で誰かと出会っても、10秒後にはその人の名前を忘れてしまう。イベントで顔は見覚えがあるけれど、名前が思い出せない。何とか思い出せるヒントを求め、名札をちらっとでも見れないか首を伸ば​したり。自分が知っているはずの誰かを他の誰かに紹介しなければならないのに、どちらの名前も思い出せなくて非常に恥ずかしい思いをしたり。 
 
ビジネスでは、名前を覚えることは基本でなければならないはずなのに、この分野では誰もが深刻なス​キル不足に苦しんでいるようです。この主な原因は、人の名前を覚えるのに効果的な方法がなく、いつも即興に頼っては失敗しているからです。余談ですが、誰かと挨拶するときはいつも自分の名前を先に伝えるようにすると良いでしょう。相手がこちらの名前を思い出せないという恥ずかしい状況に陥るのを回避できます。
 
ここで、あなたを名前忘れの常習犯から伝説的な名前覚えのチャンピオンへと変貌させる、確実な方法をいくつか紹介します。
 
 
1. 耳を傾ける。単純なことに聞こえるかもしれませんが、私たちが名前を聞き取れないのは、実際、きちんと耳を傾けていないからです。賑やかな場所で、名前を覚えるという作業からあなたの注意力をそらすことがたくさんあるかもしれません。そのような状況で相手が名前を言う時は、頭の中で記憶機能と競合している他の活動をすべて停止し、名前を聞き​取り、覚える作業だけに集中する必要があります。 
 
2. 聞き取れない場合は、相手に繰り返してもらう。聞き取りづらい名前かもしれないし、相手が早口か、またはもぞもぞ話す人か、あるいはあなたの耳が遠くなっているせいかもしれません。理由は何であれ、聞き取れなかったら、名前をもう一度言ってもらうように頼みましょう。  
 
逆に、自分の名前を言う時も同じです。ボイス・メールのメッセージで、相手が早口すぎるか、不明瞭なために名前を聞き取れず、何度もメッセージを再生しなければならなかったという経験はありませんか?自分もゆっくり話し、名前をはっきり言うことを心がけるべきです。名前を言うときは焦ってはいけません(あなたのブランドなのですよ)。次の公式を試してみてください。「こんにちは(停止)。私の名前は(停止)グレッグ(停止)ストーリーです」。そして、名字の方を名前​よりも強めに言うようにします。これで、多くの人があなたの名前をはっきりと聞き取れるようになるでしょう。
 
3. 印象。身体的な特徴(身長などの体格、顔色、ボディ・ランゲージ)を覚えるようにしましょう。相手の声を注意して聴くようにしましょう。特定の国や地域のアクセントや話し方など、際立った特徴がありますか?相手の目と髪の色を見ましょう。相手の人柄を「可視化」してみてください。この人は、活動的、控えめ、社交的それとも退屈そうな人ですか?その印象を名前と関連付けます(弾丸のようなダン、ぼーっとしたバリーなど)。
&n​bsp;
4. 名前を何度か暗唱し、頭の中に固定させる。「私は名前を覚えるのが得意。この人はボブ・スミス。ボブ・スミス。ボブ・スミス。この人はボブ・スミスと覚えた」などと、自分自身に言い聞かせてみてください。この反復が始めから名前を記憶に残すのです。
 
5. 会話中に相手の名前を何度か言う。「今日、このイベントにどうして参加しようと決めたのですか」と尋ねるかわりに、「ボブさんは今日、このイベントにどうして参加しようと決められたのですか」と、相手の名前を付けるだけです。でもやはり、逐一相手の名前を繰り返したのでは、うるさく名前ばかり繰り返す変人だと勘違いされかねないので、やり過ぎには気を付けましょう。自然でさりげなくするのが大切です。
 
6. 画像。カラフルで動きのある、デフォルメ的な画像を頭の中に焼き付けましょう。完全に妙であればあるほどなおのこと。デフォルメ的な画像を名前と関連付けることで、イメージが頭の中に記憶され、思い出しやすくなります。
 
ここに、思い出し方を思い出すのに役立つ簡単な2つの言葉を紹介しましょう。「L.I.R.A」
L - 見て聴く(Look and Listen)、I - 印象(Impression)、R– 反復(Repetition)、A– 関連付け(Association)
「P.A.C.E」
P: 人(Person)- この人はどんな人か?A: 行動(Action)- どんな行動と関連付けられるか?C: 色(Color)- どの色と関連付けられるか? E: デフォルメ(Exaggeration)- 関連付けられそうなデフォルメ的な要素はあるか?
 
さぁ、ペースを緩め、名前を覚える時間を取り、頭にしっかりと焼き付け、あなた本来の姿である名前覚えのチャンピオンとなりましょう。
 
 
 
 ​
無料体験会    パブリックコース    セミナー・スケジュール

 

他の記事を読む

 

 

戻る

 
 

107-0052
 
東京都港区赤坂2丁目19番8号
 
赤坂2丁目アネックス5階
 
Tel. 03-4520-5470
 
 

 
© 2016 Dale Carnegie & Associates, Inc.. All Rights Reserved.
ウェブサイトのデザイン・設計 Americaneagle.com