line_white
GoTo_seminars_jp
line_white
GoTo_preview_jp
line_white
GoTo_schedule_jp
 

 
 
  印刷  

ストレスを減らす4つの秘密

Team Member Engagement
 

仕事に圧倒されていませんか?仕事以外の問題が、仕事の処理能力を低下させていませんか?

私たちは時として、仕事が山積みになっている時、ますます動揺したりイライラが募ったりすることがあります。私たちの多くは、仕事にはストレスがつきものと受け入れるようになっていますが、日々の中では受​け入れることができない時もあります。ストレスは多くの場合、非生産的で、いつまでも解消せずにいると健康に深刻な影響を及ぼすということを私達は時に忘れがちです。日常の中でストレスの度合やその影響を軽減するために、実践できるテクニックやアイデアをご紹介します。

1. 健康的なライフスタイルを築き、それを継続させる。

良い健康状態は、ストレスに対して強力な予防対策となります。栄養のある食事、十分な休息、そして定期的な運動、これらを組み合わせることが大切です。体調が万全でない時は、新しい運動を始める前に医師に相談することが賢明でしょう。私達は皆、このようなライフスタイルが大切であることを知っています。ですがなかなか継続することができません。鍵となるのは、まず実際に実行してみることです。食べるもの、飲むもの、また日々の活動の中に新しい習慣を​作っていきましょう。

2. 時には「No」と断れる。

仕事を引き受けすぎないよう、あらかじめ自分の時間とストレスの限界を知りましょう。それぞれの仕事の重要度を評価し、行動の優先順位をつけましょう。同僚に仕事の一部を任せる、もしくは、上司に正直に自分の状況を話して仕事内容を調整してもらうなど、他の方法を試してみましょう。

上司から膨大なタスクリストを与えられた時、次の美しい質問を問いかけてみてください。
「最初に対処すべきタスクとして、どれに優先順位をつけたらいいですか?」そうすると、あなたの上司はあなたが圧倒されてしまっているという状況を理解し、むやみに仕事を押し付けるのではなく、より気を付けて部下に仕事を任せてくれるようになるでしょう。

3. 休憩する。

目まぐるしい一日を過ごしている時は、予定外の休憩をとって頭の中から仕事のことをなくす時間を2、3分でも作ってみましょう。外を歩いてみたり、深呼吸をしたり、同僚と話をしたりしましょう。これらは心の元気を回復させてくれるものであり、そのような時間を持った後は、より仕事の効率も上がるはずです。

4. 完璧にやろうとしない。

2度もチェックして何も間違いが見当たらないのにもかかわらず、報告書を何度も見直ししたことはありませんか? 確かに意味のあることで、よりよいものにするための努力は立派です。しかし、自分の実力に高すぎる基準を課してしまうと、余計なストレスと負荷を自分自身に与えてしまいます。 厳格に自己分析してみれば、行動上の問題や過剰な行動を取り除く助けになります。たいていの場合、このような問題は、業務そのものからくるストレスではなく、自分への批判や拒絶をされたらという不安からくるネガティブな態度により引き起こされていることに気がつくのではないでしょうか。あなたの仕事のパターンを変えて、毎日の不安を減らしていき​ましょう。

これらの提案は、日常生活でのストレスを軽減するために役立つアイデアのごく一部です。いろいろなテクニックを試してみると、より冷静で自己管理のできる仕事人として、いつでも新しい課題にも取り組めるようになっていることに気づくでしょう。大切なことは何かを始め、やり続けることです。​アクション、アクション、アクション!

 

 

 ​
無料体験会    パブリックコース    セミナー・スケジュール
 
他の記事を読む

 

 

戻る

 
 

107-0052
 
東京都港区赤坂2丁目19番8号
 
赤坂2丁目アネックス5階
 
Tel. 03-4520-5470
 
 

 
© 2016 Dale Carnegie & Associates, Inc.. All Rights Reserved.
ウェブサイトのデザイン・設計 Americaneagle.com