印刷  

3日間の努力を無駄にすることなかれ

105_1
 

日本語にはたくさんの人生に役立つことわざがありますが、思い立ってからたった3日間でやる気をなくし投げ出してしまうことを、みなさんもご存知の「三日坊主」と言います。新しい年の1日目は、大望を抱くお坊さんのようにみんな決意に溢れています。でも、日々が過ぎていくうちに当初の決意を実行に移す能力が現実の波によって飲み込まれていきます。 

ここに、三日坊主になってしまいそうな予感がしている方のために、あまり満足できない展開にうまく対​処できるようにするためのヒントを2、3、ご紹介します。
 
自分を責めない
 
その時は熱い思いで目標を定めたかもしれませんが、冷たい現実の風にさらさ​れて冷静になると自分の能力について高をくくっていたことに気づいたりします。 
 
心配することはありません。考え直し、新たに達成可能で、ある程度の勢いをつけられるような結果だけに集中するのです。1年の抱負のような場合、私たちはゼロか​100かと考えがちです。実際には自分自身、現実を甘く見ていたことに気づくとすべて何もかも放り出し、何もないまったくゼロの状態に戻ってしまいます。 
 
このようにオール・オア・ナッシングで考えるのではなく、何がより現実的で実現可能か​を見極めるように再調整するというのはどうでしょうか。目標達成に向かう長い道のりの2、3のステップを実現することが、より大きな目標の達成につながると思いませんか?大きなステーキも小さく切ったら食べやすくなりますよね?このように細かな目標をいくつか挙げ、それぞれに対して達成に向けて現実的なマイルストーン​を設定するのです。
 
達成可能なことに集中する
 
目標の中で達成しやすいものとそうでないものがあります。達成しやすい目標から始めることで勝利につな​がります。成功が成功を生み、それが自信につながるのです。成功すればするほど勇気づけられ、より多くのことに挑戦しようとするようになります。実際に自分を勝たせることで、成功のパターンを作りましょう。これは効果的な戦略です。小さな勝利を積み上げることで自分たちの弱点や短所からプラス方向の勢いを生み出し、前​進しやすくするのです。自分のコンフォート・ゾーン(居心地の良い領域)から抜け出すのは怖いので、始めた途端に失敗しないような方法にしましょう。
   
他人に影響されない          
 
他人が実践していることを聞いたために、自分ができること以上の大きな目標を設定してしまったのかもしれません。あるいは、業界のリーダーたちが壮大な目標をきれいに整理したのを見せられたので、私たちもそれに乗せられてしまった​のかもしれません。でも気を付けてください。こうしたリーダーたちの中にはあなたの目標と能力の間のギャップを満たすことで食べている人たちもいるのです。このような人たちは自分たちこそがそのギャップを埋める解決策であると見せるために、意図的にあなたに劣等感を感じさせているのです。この図式で勝つのは彼らであっ​て、あなたではないのです。
    
これ以外にも家族や友人がしていることに影響されてしまっていることもあります。他の人に負けまいと、本来するべきこと以上のことをしなければならないというプレッシャーを感じているのです。自分が必要なことを、必要なペースと​方法で行うことに集中しましょう。自己認識の能力と自分の強みを生かすことの大切さを教えてくれる、有名なウサギとカメの競走のお話を思い出してください。ゆっくり着実に進むことで競走に勝つこともよくあるのです。でも、ここでのキーワードは「着実」です。3日で自尊心が傷ついて法衣を返して家に戻ってしまう三日坊主​ではなく、ゆっくりでいいですから着実に前に進むことを目指しましょう。
 
自分にできることは何かを考える
 
私はアメリカン・フットボールのグリーンベ​イ・パッカーズのコーチであったヴィンス・ロンバルディの基本の「ブロックとタックル」こそが勝利に導くという名言が好きです。自分自身、46年間に及ぶ空手の修業を振り返ってみてもいつも練習は基本から始めてきました。
 
基本こそがビジネスの成功の鍵​を握っているのですが、私たちはより精巧な ソリューションが持つ、見栄えの良さや複雑さについ捕らわれてしまいがちです。TED Talk や業界のリーダーたちのビデオをたくさん観ると、自分は何が悪いのだろうと思ってしまいます。なぜ自分はこのような天才たちのレベルに到達できないのだろうか、と。
 
あなたも到達できます。でもそれにはまず基本を習得しないといけません。難しそうに聞こえますか?では具体的にやり方をお見せしましょう。まず10分間の時間を取り、ペンとA4の紙を何枚か用意し、机に向かいます。紙の中央に「基本」という字を書いて丸で囲みます​。この言葉の周りにあなたのビジネスにおける基本を表す言葉をいくつか書き込み、それぞれ丸で囲みます。これらにそれぞれ重要度を示す優先順位の番号を付けます。
 
10分後には、どこから何を始めるかを示すプランのでき上がりです。難しくないですよね。​おそらくとても実践的かつ現実的であなたの仕事の成功に導くものになるでしょう。基本に集中すれば、勢いが付き、アイデアが生まれ、物事が実際に起こり始めるようになります。
 
三日坊主のように諦めないでください。哲学者(?)、いえ、ボクサーのマイク​・タイソンに「みんないいろいろ作戦はあるのだよ。顔にパンチを食らうまではね」という名言があります。私たちも1年の3日目や3か月目に顔にパンチを食らってしまったのかもしれませんが、気を取り直し、再調整をし、スタート地点をまた確立すればよいのです。スポーツ選手の名言でもう1つ好きなのは野球の名将ヨギ・ベ​ラの「試合は終わるまでは終わりじゃない」です。
3日目であろうと3週間目であろうと3か月目であろうと、まだ終わってなんかいません。まだまだ時間があります。
 

無料体験会    パブリックコース    セミナー・スケジュール
 
他の記事を読む

 

 
 

戻る

 
 

107-0052
 
東京都港区赤坂2丁目19番8号
 
赤坂2丁目アネックス5階
 
Tel. 03-4520-5470
 
 

 
© 2017 Dale Carnegie & Associates, Inc.. All Rights Reserved.
ウェブサイトのデザイン・設計 Americaneagle.com