話し方・スキル

話し方・スキル

1912年ニューヨークのYMCAの夜間学校で話し方教室として始まったデール・カーネギー・トレーニングは、100年経った今でも基本は変わらず、コースの中心は受講生全員の発表です。人前で話すことは、「自信の構築」につながり、勇気を養い、コミュニケーション・スキルの上達にもつながります。コミュニケーション・スキルが磨かれていけば、人間関係のスキル向上にもつながります。また、リーダーシップを発揮するためにも、大切な要素です。デール・カーネギー・トレーニングでは、説得力のある、共感を呼ぶ話し方の体得を目指します。受講生は話し方の訓練を通じて自分を見つめなおし、誰もが自信と勇気を持つようになり、そして、他者に影響力を持つ人になっていきます。

上手な話し方

デール・カーネギー・トレーニングを受講する多くの方が、話し方のスキルの向上を目指しています。会議で上手に発言できるようになりたい、プレゼンテーションをより効果的に演出したい、会社の朝礼で上手に話したいといった、大勢の前で話す方法を身につけたい方もいれば、セールス・トークを磨いて販売実績を上げたい、とにかく人と話すことが苦手なので何とか克服したいといった1対1のコミュニケーションの上達を目指している方もいます。こうした明確な目的意識を持って受講される方は、人前で話すことを楽しく感じるようになって、コースを修了されています。

上手な話し方は、身につけたいと思えば、誰でも身につけることができます。必要なのは、意志と決意だけです。上手な話し方を身につければ、上司や同僚、顧客、家族、友人たにし、自分の考えをもっと上手に伝えることができるようになります。その能力は、退屈な会議も活気あふれる有益な話し合いに変えることができ、部下や同僚をやる気にさせ、目標のさらに上を目指そうという意欲を引き出すこともできるでしょう。

元大リーガー、フランク・ベドガーの「私はどうして販売外交に成功したか」

デール・カーネギー・コースの修了生で、「私はどうして販売外交に成功したか」という本の著者、フランク・ベドガーは、「スピーチの訓練と経験を積んだおかげで、人に接して打ち解けた話ができるようになり、自分自身の力というものを、自ら理解するようになり、さらに自分の視野をも広げることができた。これが私の運命を転換するひとつの大きなポイントともなったのである」と述べています。不幸にも試合中に腕を折り、選手生命を絶たれた大リーガーだった彼が、やがてトップセールスマンになったのは、話し方をきちんと学んだからだと言えます。

話し方を学んで、人生を変えてみませんか?

デール・カーネギー・トレーニングの何がそこまで特別なのかを確かめたい方のために、コースを「体験」できる機会を設けています。定期的に開催していますので、スケジュールをご確認のうえ、ぜひご参加ください。
無料体験・説明会では、コースの説明に加え、実際のセッションの一部を切り出して受講体験をすることもできます。
インターネットにアクセスできるデバイスをご用意いただければ、自宅からでも職場からでも、全世界どこからでも、お気軽にご参加が可能です。

デール・カーネギー・東京・ジャパンでは、最新情報やビジネス・職場・プライベートの課題を解決する
重要なテクニックなどをご紹介するメールマガジンを配信しています。