• ホーム
  • コースを探す
  • リーダーシップ研修 | リーダーシップ・トレーニング・フォー・マネージャー・コース
公開コース 対面 2日〜12週間

リーダーシップ研修 | リーダーシップ・トレーニング・フォー・マネージャー・コース

人を育て組織をリードする信頼と尊敬を集めるリーダーとなる | リーダーシップ研修

イメージ画像

コロナ禍での集合研修のガイドライン
※受講前にご一読ください。

現代のビジネス環境では、より多くのことを、より早く、より少ないリソースで行うことが求められています。統制・管理するだけのマネージャーでは組織の先頭に立てなくなってきています。マネージャーとしてではなく、リーダーとして組織をリードすることが必要とされています。では、マネージャーとリーダーの違いは何でしょうか?このコースでは、プロセスを管理するマネージャーとしてではなく、人を育て組織をリードする真のリーダーとして必須となるスキルを習得、そしてリーダーシップを最大限に引き出すことを目的としています。

今後のコース日程

コースの概要

参加型学習メソッドで真のリーダーに必要方法、信頼関係を築く方法、イノベーションを起こすプランを実行する方法、効率的な会議の運なスキルを習得し、リーダーシップを最大限に引き出します。関係者からの積極的な協力を得る営方法についても学びます。(3.5時間 x 7セッション又は8時間 x 3セッション)

トレーニング目標

組織には、処理すべき多くの業務があります。マルチタスク、時間管理、生産性、効率など全てがプロセス機能に必要とされます。マネージャーには、プロセスを正確に実行するための監督的役割があります。新しい組織でも、成熟した組織でも、仕事内容の均衡を保ち、組織全体が計画通りに前進するようプロセスやシステムを維持することもマネージャーの役割のひとつです。また、マネージャーとしての役割を実行するためには、部下との関わりなしには行うことができません。様々な人材をリードし人を扱うことは、プロセスとは違うアプローチが必要です。組織の目標を個人の人を動機付けることを考え、前向きであるのがリーダーです。

期待できる効果

  • 我々の経験や信条そして価値観がいかにリーダーシップのスタイルを形づくるか、そしてそのスタイルが組織の環境と文化に与えるインパクトを認識する
  • 人の潜在能力を尊重し、信頼と尊敬をされる関係を築く
  • イノベーション、計画、業務目標の定義、効率的な時間の使用、権限委譲、問題の分析、意思決定などのプロセスとメソッドを理解する
  • 効果的な質疑応答と傾聴を行いリードすることを学ぶ:ワンオンワンで、小グループ内で、そして問題解決ための会議をリードする 5. ビジョンとプランニングにおいて期待する成果を、適切なパフォーマンス評価を行い、デリゲーションを実践できるようになる

参加対象者

リーダーシップが必須とされる管理職(候補含む)やエグゼクティブ

セッション概要:8段階のパフォーマンス向上プロセス

  • ステップ1:事前準備 (ビデオ&ポッドキャスト視聴、ソート・リーダーシップ読物)
  • ステップ2:受講者の上司向けコーチング・セッション(1.5時間オンライン: 受講者の学びを助け、結果を導き出すための
    ワークショップ。参加は任意。)
  • ステップ3:開始セッション(メインプログラム開始前に1度1時間オンライン)
  • ステップ4:メインプログラム受講:7セッション
  • ステップ5:パフォーマンス向上セッション1(受講終了30日後に1度2時間オンライン)
  • ステップ6:パフォーマンス向上セッション2(受講終了90日後に1度2時間オンライン
  • ステップ7:復習コンテンツによる自習(28週間)
  • ステップ8:修了者限定セッション(月に1度2時間オンライン)

メインプログラム内容(7セッション)

3日間(1日8時間)7週間(1日3.5時間)
Day 1Week 1セッション1:
リーダーシップの開発(個人)

• リーダーシップとマネジメントに関する「成功するためのドライバー」を理解する
• リーダーシップの経験とリーダーシップに対する価値観を説明する
• 個人的リーダーシップのビジョンを作成する

組織の成果を達成する

• 組織、個人の目標を成功させるための課題を整理する
• タイムマネジメントについての理解を深める
• 部下のモチベーションレベルを把握する「インナービュー」の方法を理解する
Week 2セッション2:
イノベーションプロセス

• 状況に応じてマネジメントスタイルを柔軟に変化させることができるようになる
• 斬新なアイデアをメンバーに促す環境を作り出す
• 問題解決と改善のためのイノベーションプロセスを理解する

プランニングプロセス

• ビジョンを明確に、分かりやすく、具体的に明示する
• ビジョンを実行に移すステップを明確にする
• ビジョンを実現させるための具体的な目標をコミュニケーションによって実効する
Day 2Week 3セッション3:
パフォーマンス評価

• 仕事がうまくいったときの様子を描く・業績見込みについて書面化する
• 仕事のパフォーマンスに必須なキー・スキル、知識、能力を明確にする
• ビジネスの目標を、日々の活動や測定可能な結果へと置きかえる

評価システムとコーチングプロセス

• 他者が「RAVE」(絶賛)するような業績レビューを実施する
• 自己成長サイクルとそれがどのように育成に関連するかを説明する
• コーチングのプロセスのステップを実践して、他者の業績を改善する

Week 4セッション4:
問題分析と意思決定

• 問題の本質を見抜く3つの意思決定方法を習得する
• 難しい問題を解決する方法を使う
• 意思決定、問題解決において「ストレスに打ち勝つ原則」を実践できるようになる

部下の潜在的な能力を見出す

• 職場環境を調べて、現在のメンバーのモチベーションレベルを明確にする
• モチベーションを高めるファクターを特定し、高める
• 人間関係強化の原則を使って、効果的な関係を構築する
• ポジティブな環境をつくる
Day 3Week 5セッション5:
デリゲーションのプロセス

• メンバーを育てるために仕事と責任を与える
• 権限を委譲するためのミーティングを計画、準備する
• フォローアップと責任の所在を明確にするために、パフォーマンス評価基準を示す
• 権限委譲のサイクルを理解する

ミスへの対応

• 人間関係のアプローチを使って間違いを効果的に処理する
• 問題や状況を的確に把握し、有能な人材やチームの範囲)を管理し、人材を適切にマネジメントする
Week 6セッション6:
他者をリードするコミュニケーション

• 双方向のコミュニケーションを活発にするためフィードバックの機会を作る
• 部下との関係を強化する効果的な質問とリスニングスキルを強化する
• コミュニケーションの種類とインパクトを考える

より効果的なミーティング

• リーダーシップの原則を使って会議参加者の意識を高める
• 会議における協力の引き出し、ポジティブな成果を出す方法を見つける
• 会議前、中、後の会議運営ガイドラインを理解する
Week 7セッション7:
成果の発表

• イノベーションのプロセスを用いて、あなたの組織に変化を売り込む
• アイデアを実行計画へと移す能力を示す

継続的な成長をコミットする

• このトレーニングの個人的な結果を評価する
• ご自身の研修での成果の証拠を示す
• 将来のリーダーシップの開発のための測定可能なゴールを設定する

リーダーシップ・トレーニング・フォー・マネージャー・コースのよくある質問

このコースについてのよくある質問と回答はこちらからご覧ください。

よくある質問

トレーニングについて、よくある質問と回答をまとめて連載しています。是非、参考にしてください。

デール・カーネギー・東京・ジャパンでは、最新情報やビジネス・職場・プライベートの課題を解決する
重要なテクニックなどをご紹介するメールマガジンを配信しています。