プレゼンテーション・ スキル

プレゼンテーション・ スキル

ある研究調査によると、自信を持って話す能力が、人の年収を左右する要因として87%を占めているという結果があります。また、第一印象ははじめの30秒で決まるといわれています。もしその最初の30秒を台無しにしてしまったら、聞き手を失うだけでなく、相手との関係を築いていく機会さえも失う恐れがあるということです。
 
いくつかの場面を想像してみてください:
「希望する会社の面接を受ける」
「顧客に新商品を購入してもらう」
「社内会議で、業務改善プロジェクト提案を受け入れてもらう」
「自社に足りないリソースを得るため、他社を協業する気にさせる」
 
このような説得力を要するコミュニケーションの場面において、どのようにすればプレゼンテーションを成功せることができるのでしょうか?

プレゼンテーションのトレーニングで、話す不安が克服できます

多くの人が人前で話す時に緊張し、周りの目が気になり、居心地の悪い思いをした経験があるのではないでしょうか。いざプレゼンテーションを始めると、汗が出てきて、のどが渇く。このような経験がよい思い出として残っている人は少ないはずです。プレゼンテーションに自信がないことを理由に、プレゼンテーションをすることを避けて通っていませんか?
 
話し方とプレゼンテーションのスキルは、トレーニングを受けることで身につけることが出来ます。デール・カーネギーは、スピーチやプレゼンなどの人前で話すスキルは生まれつきのものではなく、練習して習得するものだと確信していました。この信念により世界中で多くの洗練されたプレゼンターを輩出してきました。トレーニングを受けることでプロフェッショナルで説得力があり、自信に溢れた姿を印象付けるチャンスをつかみませんか?
 
あなたがプレゼンテーション能力を向上すると何が起こるか、デール・カーネギーのハイ・インパクト・プレゼンテーション・コースで試してみてください。

プレゼンテーション研修で、成功のメソッド: 構成 + 内容 + 発表 = インパクト!を学ぶ

デール・カーネギーのプレゼンテーション・コースでは、プロフェッショナルなプレゼンテーションを行うための計画と組み立て方法を学びます。第一印象とプレゼンテーションの終わり方は偶然に任せてはいけません。どちらも聴衆の心をつかむチャンスです。自分の考えと資料を効果的に組み立て、証拠と知覚的資料を使って信頼度を高めることで、ひときわ目立つ存在になります。
 
また、プレゼンテーションを通じて良い印象を作り維持することは必ず必要なことです。印象の良い立ち居振る舞いについてプロの秘訣を学び、声とボディランゲージを使って自分の主張を説得力をもって伝える方法を学びましょう。話し始めから聴衆とラポール(信頼関係)を築き、時には挑戦的な聴衆を味方につけるための大切なスキルを身につけましょう。
 
自信を持つことが大切です!プレゼンテーションを行う時は、自然体でリラックスして行うことが大切です。自信を持ってコミュニケーションをとる方法を学びましょう。自分自身を有能で信頼できる人間だと信じることです。
 
アイデアを明確に強く伝えましょう!より明確で簡潔な話し方を練習します。原稿を読むだけでなく、内容が生き生きと伝わり、説得力ある話し方ができるように練習します。
 
アイデアや新たな視点を売り込み、他者を刺激するプレゼンターになる方法を学びます。他者にやる気を与え、周りが具体的な行動を起こすよう引っ張っていけるプレゼンターを目指します。質疑応答の方法も学びます。プレゼンテーションは自分のアイデアとプロフェッショナルな姿勢を見せる舞台です。意地悪な質問にうまく対応することができれば、聴衆を納得させることができます。聴いている人達は、難しい質問に答えるのが難しいことを分かっています。

 
いつでも、どこでも、テーマにかかわらず、様々な聴衆に対応できる、あなたの価値を高める、他の人が真似ることのできないスキルを身につけませんか?デール・カーネギーのハイ・インパクト・プレゼンテーション・コースにご参加ください。

人が輝き組織が変わる!生産性を上げるための「人を動かす」プレゼンテーションの秘訣

昨今、働き方改革によって、日本の企業文化、日本人のライフスタイル、働くということに対する考え方が見直されています。そんな中、日本人の生産性はアメリカ人の6割とも言われています。では、その生産性をどのように上げたらよいでしょうか?
 
まずは、全体業務の1/7を占めると言われる会議を見直してみましょう。時間が長い、頻度が多い、無駄と思われる会議が多い、コミュニケーションが活性化しないといった課題に加え、プレゼン資料作成に多くの時間を割いたものの肝心なプレゼンテーションがまったく伝わらないと、私たちの多くの時間を費やしている会議のあり方を改善すれば、他の業務に使える時間が必然的に増え、生産性向上につながります。会議は人と人との情報のやりとり、協同です。プレゼンテーションでの伝え方が変われば、受け方が変わります。
 
ロボットやAIなどの技術革新により、今まであった「壁」が取り除かれ、多様な働き方を可能にするツールがたくさん出てきています。しかし、人の感情を揺さぶり、行動にインパクトを与えることができるのは、人間だけの特徴です。この、技術やツールによってカバーできない部分、つまり、人が輝き組織が活性化する「伝える」技術のエッセンスを、デール・カーネギー・トレーニングで感じてください。
 
プレゼンテーションのスキルを高めれば、生産性が上がる!人が輝き、組織が変わる、人を動かすプレゼンテーションの秘訣:
デール・カーネギーのハイ・インパクト・プレゼンテーション・コースにご参加ください。

ストーリーテリング術の活用

人類は、あらゆる文化のコミュニケーションの形態として、物語(ストーリー)を使ってきました。物語は経験の共有ができたり、価値を高めるのに役立ったり、コミュニティを構築したり、ただ純粋に聞き手を楽しませるためにも使われます。物語を語ることの目的にかかわらず、ストーリーテリングの形でコミュニケーションをとることによって、聞き手にとってあなたは、よりおもしろい人、忘れられない人となるでしょう。
 
「ストーリーテリング」は目の前にいる人に「物語を語ること」です。近年のビジネスシーンにおいても、ストーリーテリングの重要性が注目されています。シンプルに聞こえますが、どのくらい難しいことでしょうか?
 
これまでに聞いたことのあるビジネス・プレゼンテーションを思い出してみてください。何人のスピーカーが、優れた語り手でしたか? 強力なストーリーテリングによって、場面の情景を語り、その世界にあなたを導き、すばらしいアイデアや提案であなたの共感や信頼を得られた人はどのくらいいましたか? 答えはおそらくゼロか、または、とても少なかったのではないでしょうか?
 
数字だけで聞き手を納得させることは困難になってきています。現代においては、数字が優れていることは当然であり、その上で聞き手の心を惹きつける「物語」「エピソード」が求められてきています。
 
経営理念やビジョンといった抽象的で掴みにくいメッセージを浸透させることにもストーリーテリングは有効です。ストーリーにすることで、聞き手にイメージさせ、心で捉えさせる効果が期待できるからです。
 
「ストーリーテリング」は、自分の考えを伝える手法としてとても優れているのです。ぜひ、この方法を活用してみてください。
 
デール・カーネギー・トレーニングでは、「マジック・フォーミュラ(魔法の公式)」と呼ばれる話し方のプロセスを使って、ストーリーを語る方法を練習します。多くの習得者が、会議、商談、電子メール、取材、広告、1対1の面談にマジック・フォーミュラが役立ち、まさに魔法のような結果を達成できたと証言しています。
 
デール・カーネギーのハイ・インパクト・プレゼンテーション・コースにで、マジック・フォーミュラのテクニックを身につけませんか?

関連コース

スキルを学ぶためのトレーニングメニューをご用意しています。
下記のボタンより関連コースをご覧ください。

デール・カーネギー著「プレゼンテーション: 効果的な話し方ガイド」

あなたがプレゼン能力を向上すると何が起こるか?
ある研究調査によると、自信を持って話す能力が、人の年収を左右する要因として87%を占めているという結果があります。
また、第一印象ははじめの30秒で決まるといわれています。もしその最初の30秒を台無しにしてしまったら、聞き手を失うだけでなく、相手との関係を築いていく機会さえも失う恐れがあるということです。
デール・カーネギー著「プレゼンテーション: 効果的な話し方ガイド」(無料)をダウンロードしてご一読ください。

デール・カーネギー・東京・ジャパンでは、最新情報やビジネス・職場・プライベートの課題を解決する
重要なテクニックなどをご紹介するメールマガジンを配信しています。