印刷  

記事& Tips

カテゴリ:
 
Results: 230 Article(s) Found
105_1
セールスは一定のリズムに従って仕事をします。ネガティブなリズムの1つとして、年末に近づくと力を抜くことが挙げられます。日本ではほとんどの企業が3月を会計年度末にしていますが、12月は正月休みを控えてビ​ジネスが減速し始めます。精神的にアクセルから足を離して、年末に向けてクルージング速度に移ります。それでもこの時期は1年のうちの8%にあたりますから、どんな時でもそこまで生産性を落とす余裕はないはずです​。1年の最後の営業日まで攻め続けることが必要です。セールスでは何に注力すべきでしょうか?​
 
105_1
グループを相手に話をする場合、聞き手を虜にしようとする良い方法があります。何が違いを生むのでしょう? 内容が同じであっても、ある人が話すとドライで退屈です。ところが、同じ素朴な内容でも、別の人の手にか​かると息が吹き込まれます。音楽がそうです。同じ歌詞でもアレンジを変えると魔法が起き、新しいバージョンがヒットします。スピーチもそれに似ています。退屈なスピーチに手を加えると、突如聞き手が魅了されるとい​う具合です。魅力的なバージョンの方が良いに決まっていますが、どうしたらそうできるでしょうか?​
 
105_1
日本の様々な産業で、適切なコンプライアンス手順に従っていない企業の存在が次々と発覚しています。一部の企業では何十年も不正が続いていました。すると、本当に責任を負っているのは誰かという疑問が湧いてきます​。経営陣は報告書を渡され、部下に頼って正しい情報を得ています。さらに、経費を削減し、目標を引き上げる決断を下します。その際に経理操作が始まるのです。株主も取締役会も満足で、勝利の方程式が持続します。唯​一の問題は、「コスト削減、収益増加」の目標を満たすために、手抜きが起こり、手順がスキップされることです。​
 
105_1
時折、自信満々のプレゼンターが大失態を演じることがあります。頻繁には起こりませんが、起こった時の印象は鮮明です。元々才能がなくて失態を演じるのなら話は分かります。しかし、有能なプレゼンターは失敗すべき​ではありません。失態を演じたとしたら、その理由は何だったのでしょうか? 講演者のどこがいけなかったのでしょうか?​
 
105_1
日本では採用と人材のつなぎとめが合言葉になっています。私のことを良く知っている皆さんは、私がこの2年間、まもなく直面する若者不足の人口問題について話してきたことをご存じのはずです。昔は新規採用者の40​%以上が研修後に会社を辞めていました。条件が良い会社に移ったわけですが、新しい会社もそんなに甘くないことに気づきます。現在の数字は30%台前半ですが、この数字は再び上昇していきそうです。​
 
105_1
ブランドの重要性は、ブランドが台無しになった時に身に染みてわかります。企業は何十年にもわたり多額の資金を投じて、顧客を相手に適切なブランドイメージを築きます。ブランドがあるからこそ、買い手が感じるリス​クが低下するわけです。​
 
105_1
完璧なトップが率いる、完璧な人だらけの、完璧な組織など存在しません。絶えず失敗があり、不備、ミス、欠点、誤った行動がつきまといます。これら全部を社内に留めておけたとしても、もう1つ物事を複雑にするもの​があります。クライアントです。​
 
Results: 230 Article(s) Found

ブログ

 

 

107-0052
 
東京都港区赤坂2丁目19番8号
 
赤坂2丁目アネックス5階
 
Tel. 03-4520-5470
 
 

 
© 2018 Dale Carnegie & Associates, Inc.. All Rights Reserved.
ウェブサイトのデザイン・設計 Americaneagle.com