• 望月 "フランク "幸長:日本におけるデール・カーネギー・トレーニングの父

望月 "フランク "幸長:日本におけるデール・カーネギー・トレーニングの父

望月 "フランク "幸長は、太平洋戦争開戦直前の1939年にデール・カーネギーと出会い、デール・カーネギーの日本でのトレーニングに協力することになる。1928年、山梨県加治木沢地区の五ヶ村で農業を営む一家に生まれる。10歳のときに父親を亡くしており、デール・カーネギーと同様、農村の貧困がどのようなものであるかを知っていた。 貧しいながらも、慶応義塾大学に進学し、卒業後はYMCAで1年間ホテル経営を学び、岐阜県の長良川ホテルで働いた。1939年、慶應義塾大学在学中の望月は、ローランド・イーストレイク教授から、デール・カーネギーの通訳を依頼された。望月は英語の勉強に熱心で、カーネギーが来日するたびに同行した。

  戦時中、望月は徴兵され香港に派遣され、ペニンシュラ・ホテルの副支配人を務めた(1942年~45年)。終戦後、荒廃した日本に引き揚げる。その英語力を買われて、当時、米軍第8軍が経営していた軽井沢の万平ホテルで通訳兼副支配人の仕事に就いた。これは、アメリカ留学を目指す望月にとって、非常に貴重な人脈となった。

  1950年、望月は妻のフミとともに渡米し、アリゾナ州のフェニックス・カレッジとミシガン州立大学でホテル経営と観光を学んだ(ミシガン州でホテル経営の学位を取得した最初の日本人である)。1954年に修了すると、ヒルトンホテルに招かれ、その経営システムを学ぶことになった。 当時、ヒルトンホテルは東京に新しいホテルを建設する計画しており、日本人が入社することを歓迎していた。これにより望月は、アメリカ滞在に必要な就労ビザを取得することができた。

  望月は言っています。「パーマーハウスにいたとき、ふと気がついたのですが、ヒルトンの人たちはリーダーシップが抜群によく、特に部下やお客様への対応がすばらしい。その理由を聞いてみると、彼らの多くがデール・カーネギー・コースの卒業生であることがわかりました。講座に参加する前は、アメリカ人の前でスピーチができるとは思っていませんでした。しかし、5回目のセッションで私はすっかり変わってしまったのです。この時、私は日本の土壌にデール・カーネギーの種を蒔き、日本人が自分の頭で考え、特に外国人に対して自分を表現できるようにする使命があると感じたのです。」

  1962年から63年にかけて、ハワイ出身のエドウィン・ウィットローとともに、デール・カーネギーの日本でのトレーニングが開始されました。ウィットローは、1948年にデール・カーネギーのハワイでのスポンサーとなった。先見の明があった彼は、1951年から組織を運営していたデール・カーネギーの未亡人ドロシーに、デール・カーネギーをさらにアジアに広げ、最終的には日本、香港、太平洋地域のスポンサーになるという提案を持ちかけた。

  ウィットローと望月は一緒に日本でデール・カーネギーを立ち上げ、1962年10月、ウィットローは日本でのスポンサーシップのライセンスを取得した。 ウィットローは、ハワイから日本に飛んできては、何週間もかけて教室を開き、望月を指導した。ウィットローは、アソシエイト・スポンサーだった望月が、日本でのデール・カーネギーの運営を自分でできるようになるまでの間、強力なサポーターとして活躍した。

  望月は最終的には引退し、1994年に山本徳源が後を継いだが、彼は1995年に急逝した。彼の突然の死後、妻の山本由紀子が日本でのカーネギーの責任を引き継ぎ、2007年までその責任を果たした。その後、クレイグ・カークウッドが山本夫人の後を継ぎ、2010年からはグレッグ・ストーリー博士が東京の代表を務めている。

関連ページ

デール・カーネギー・東京・ジャパンでは、最新情報やビジネス・職場・プライベートの課題を解決する
重要なテクニックなどをご紹介するメールマガジンを配信しています。