ストレスマネジメント

失敗を払拭するための5つのヒント

今日の成功はこれまでのすべての失敗の積み重ね

私たちは失敗を奨励しています。今日の成功はこれまでのすべての失敗の積み重ねであるからです。何がうまく行って、何がうまく行かないかは、まず試してみて、もし失敗したら、やり方を変えてみることで見えてくるのです。バスケットボール界の伝説的な名コーチであるジョン・ウッデンはかつてこう言いました。「失敗は致命傷ではないが、変化することの失敗は致命傷となる可能性がある」。彼が伝えようとした明白なポイントは、誰しも失敗をするということです。失敗をした後にどうするかがすべてを左右します。失敗を払拭して成功に向かって進むための5つの方法を紹介しましょう。

 

はねのける

完璧な人はいません。誰しも時として失敗をします。それを心配することに時間をかけず、避けられない事態を受け止めて自分がしていることに焦点を合わせましょう。私たちはこのようにして学んで行けるのであり、失敗は学習プロセスであると考えてください。ハイテク業界のスローガンは「速く失敗する」。画期的なテクノロジーを生み出すには、新しいことに挑戦することが重要であるという認識があるからです。

 

些細なことで大騒ぎしない

小さなことは忘れましょう。不毛なことや、小さなことを完璧にしようとするのは意味がなく、ほとんど価値を得られません。小さな失敗を心配することを止め、避けられない事態を受け止めて自分がしていることに焦点を合わせましょう。

 

過去にとらわれない

失敗を払拭して前に進みましょう。昨日のことは忘れ、明日にも引きずらない。どんなにくだらないことや恥ずかしいことでも、起きてしまったことは忘れましょう。過去を忘れることによって今しなければならないことに焦点を合わせやすくなります。「失敗は成功の始まり」と考え、前に進んでいきましょう。

 

失敗から利益を得る

失敗を犯したら、その失敗の原因を突き止めてメモして前に進みましょう。それを心に留めておくだけでも、次に同じような状況になった場合に慎重になることを思い出すでしょう。

 

疲れる前に休む

多くの場合、つまらない失敗というのは疲れていることが原因です。疲れている上に急ぎ過ぎると、さらに悪い結果を生み、失敗が雨後のタケノコのようにどんどん出てしまいます。睡眠を確実に十分取るようにし、時には自分自身に「スピード落とせ」と、一声かけてみましょう。

 

ビジネスでは失敗が原因で「ゲーム終了」となることはほとんどありません。これは短距離競走ではなくマラソンであることを忘れないでください。必要なのは、一貫性、信頼性、そしてスタミナです。失敗に対応するほうが、失敗をなくすよりも、もっと重要なスキルです。失敗をすべてなくすことなどできません。むしろ、次にどうするかを決めることのほうが大切なのです。

デール・カーネギー・東京・ジャパンでは、最新情報やビジネス・職場・プライベートの課題を解決する
重要なテクニックなどをご紹介するメールマガジンを配信しています。