コミュニケーション

感謝の気持ちはいくら多くても多すぎることはありません

感謝の気持ちは惜しみなく十分に表現しましょう

感謝の気持ちはいくら多くても多すぎることはありません。事実、長く続く関係を築くために最も強力な方法の一つは、あなたが知っている相手の長所を伝え、それに対して敬意を表すことです。感謝の気持ちは惜しみなく十分に表現しましょう。そして見つけた長所は言葉で表現するようにしましょう。

 

感謝の気持ちを表現する4つのキーポイント

 

1. 率直で誠実な感謝の気持ちを伝えましょう。

私達はごまかしを簡単に気付くことができます。ですから、偽りのお世辞を言うことを忘れ私達の本当の感謝の気持ちを伝えましょう。

 

2. 批判、非難、不平はやめましょう。

私達は批判を受けた瞬間、言われたことを聞き入れない傾向にあります。ですから、相手の粗探しをしたり、批判、非難、不平を口にするのはやめましょう。もしあなたのメッセージを伝えたいのであれば、彼らが行っている良い点、そして​彼らの行動でさらに良くなると思われる点の2つのパートに分けて伝えてみてください。彼らは一心に耳を傾けてくれることでしょう。

 

3. 相手が重要な人であると伝えましょう。

私達は好きな相手の話に耳を傾けます。そして私達は自分のことを好きになってくれる人を好みます。他者に備わっている特性を認めることは、間違いなく彼らの心をひきつけ、多くの場合は、彼らからのサポートも得ることができます。真価を認めること、承認すること、評価すること、これらはいくら受けても受けすぎることはありません。

 

4. 相手が受けて正当と思われる評価を十分に与えましょう。

他者をどのように理解するかは、私達がどのように彼らと関わり合うかということに強く結び付いています。もし私が息子のサッカーコーチに、練習の初日、息子の長所は頭の回転が早く、戦略的な考え方をするタイプだと話したとしたら、コーチはその事を認識し息子のプレーにそれらの点を見つけようとするでしょう。これは好循環を作り、息子は認めてもらえたことで、プレーの中でそれらの要素を示し続けることになります。このように、私達の中に埋まっている良い資質を引き出すことにより、あなた自身と他者を成功へ築きあげて​いきましょう。あなたが発見することにきっと驚くのではないでしょうか。

関連ページ

デール・カーネギー・東京・ジャパンでは、最新情報やビジネス・職場・プライベートの課題を解決する
重要なテクニックなどをご紹介するメールマガジンを配信しています。