従業員エンゲージメントの強化: 直属の上司の役割

概要

今日の社会で従業員エンゲージメントは(従業員の組織に対する責任あるあたら気と期待を超えて働こうとする意欲)、マネジメントにとって重要になっています。従業員エンゲージメントとは、仕事に対する満足度を言うものではありません。完全にエンゲージしている従業員は、組織の成功のためにやる気があり、熱心に働きます。わかりやすく言うと、エンゲージしている従業員は満足度が高く、良い顧客を持ち、良好なビジネス関係を維持しています。また従業員エンゲージメントが高ければ、離職率が低くなります。ですから、エンゲージメントは組織の業績にまで影響を与えかねません。 米国のMSWリサーチ社は、さまざまな業種の1,500人の従業員を対象に職場におけるエンゲージメントを調査しました。エンゲージメントに影響を与える要素はいくつもありますが、調査の結果、従業員と直属の上司の人間関係が最も影響力があることがわかりました。

関連ページ

デール・カーネギー・東京・ジャパンでは、最新情報やビジネス・職場・プライベートの課題を解決する
重要なテクニックなどをご紹介するメールマガジンを配信しています。